糖尿病だと飲酒しない方がいいのでしょうか? 結論からいうと、飲酒しない方がいいです。 アルコールを飲んでしまうと血糖値が上昇してしまい、高血糖になります。 それに、アルコールには食欲を促進させる作用があるので、過食を起こす危険もありますし、糖尿病の治療薬の効果を高めてしまって低血糖を引き起こす恐れもあるのです。 そのため、糖尿病の人はお酒を飲まないようにしてください。 よく適量であれば問題がないといわれていますが、それは健康な人の場合です。 糖尿病の人には有害なので、一般的な適量であっても良くありません。 ただし、糖尿病の症状が軽い場合、医師によっては少しだけなら飲んでも良いと判断する場合もあります。 飲酒しても良いのかどうかは自己判断ではなく、医師の判断に任せるようにしてください。 仮に、医師が飲んでは駄目だと言った場合には、絶対に飲まないようにしましょう。 少しくらいなら大丈夫という油断が、取り返しのつかないことを招く可能性があります。